未公開株被害

未公開株商法は詐欺にあたる可能性が大きい

未公開株商法とは

未公開株で儲かりますと言われても安易に信用しないで

「未公開株商法」とは、取引所に上場されていない株式を「これは上場間近です」「この未公開株は確実に値上がりします」などと、その株式がすぐ上場して確実に利益が得られるかのように偽り,「未公開株」を購入させる商法です。

未公開株商法の勧誘の手口

未公開株商法の勧誘の手口については、

  • 未公開株を高値で買い取るという別の名前の業者が電話をかけてくる劇場型といわれる手口や、
  • かつて未公開株を購入したことのある消費者に対し、その被害を回復するなどと言って新たに未公開株を購入させる手口など

実に巧妙になっています。

未公開株商法の違法性

未公開株商法で購入させられる「未公開株」はその多くが上場する見込みがなく、無価値か、購入した価格よりもはるかに低い価値しかありません。

このような「未公開株」を事情を知りながら、「上場間近です」「確実に値上がりします」などと言って購入させることは詐欺にあたる可能性が大きいのです。

また、発行会社自身が自社の未公開株を販売している場合を除き「業者」が「未公開株商法」を行っている場合は、「金融商品取引業」登録をしていないものがほとんどです。このような無登録業者による未公開株の販売は、公序良俗に反するもので、違法かつ無効な取引といえます。

未公開株被害にあったら

どのような形式であっても「未公開株」に多額の投資をすることは極めて危険な行為です。誤って投資することのないよう十分注意して下さい。

未公開株商法によって損失を被ってしまった、等とお悩みの方は、遠慮なくご相談下さい。

このページの先頭へ